アース国際特許商標事務所

第2条1項15号【商標】

第2条1項15号

パリ条約(商標法(昭和三十四年法律第百二十七号)第四条第一項第二号 に規定するパリ条約をいう。)の同盟国、世界貿易機関の加盟国又は商標法 条約の締約国において商標に関する権利(商標権に相当する権利に限る。以下この号において単に「権利」という。)を有する者の代理人若しくは代表者又はその行為の日前一年以内に代理人若しくは代表者であった者が、正当な理由がないのに、その権利を有する者の承諾を得ないでその権利に係る商標と同一若しくは類似の商標をその権利に係る商品若しくは役務と同一若しくは類似の商品若しくは役務に使用し、又は当該商標を使用したその権利に係る商品と同一若しくは類似の商品を譲渡し、引き渡し、譲渡若しくは引渡しのために展示し、輸出し、輸入し、若しくは電気通信回線を通じて提供し、若しくは当該商標を使用してその権利に係る役務と同一若しくは類似の役務を提供する行為

趣旨

本号は、外国において商標に関する権利を有する者の代理人等による商標冒用行為を制限する規定です。

商標権の効力は、商標を登録した国においてのみ効力を発生します。その点、本号の規定は、商標権の効力範囲を領域外まで拡張し、国際的な不正競争を防止するために規定されています。