アース国際特許商標事務所

第51条【保護期間の原則】

第51条(保護期間の原則)
  1. 著作権の存続期間は、著作物の創作の時に始まる。
  2. 著作権は、この節に別段の定めがある場合を除き、著作者の死後(共同著作物にあつては、最終に死亡した著作者の死後。次条第一項において同じ。)五十年を経過するまでの間、存続する。

著作権の存続期間は、創作の時に始まり、著作者の死後50年を経過するまでの間、存続します。

共同著作物の場合には、最終に死亡した著作者の死後50年です。

同じ知的財産権のうちでも、特許権が20年間、実用新案権が10年間、意匠権が20年間、商標権が10年間(更新することができます)であるのに比べて、著作権の存続期間は、長いです。