アース国際特許商標事務所

意匠(いしょう)

物品のデザインのこと。

意匠とは、物品(物品の部分を含む。)の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であつて、視覚を通じて美感を起こさせるもののことをいいます。意匠は物品のデザインのことで、形状のない、色彩のみのものは意匠法上の意匠とは認められません。また意匠は、視覚に訴えるものである必要があるので、機械の内部構造など外部から見えないものは意匠とは言えません。原則として、肉眼で認識することができ、美感を起こされるものである必要があります。また美感とは、美術品のように高尚な美を要するものではなく、何らかの美感を起こすものであれば足ります。

  1. 機能・作用効果を主目的としたもので、美感をほとんど起こさせないもの。
  2. 意匠としてまとまりがなく、煩雑な感じを与えるだけで美感をほとんど起こさせないもの。

このようなものは、視覚を通じて美感を起こさせるものには該当しません。

例文で学ぼう!

例文

このデザインが、意匠法上の意匠に該当するかどうか教えてください。

解説

意匠法上の保護対象である意匠に該当するためには、物品あるいは物品の部分における形状・模様・色彩に関するデザインである必要があります。意匠と物品は、一体不可分です。紙に書いたデザインや絵などは意匠法上では保護されません。