アース国際特許商標事務所

審理(しんり)

審判官や裁判官などが、詳しく調べて、事実を明らかにすること。

審理とは、裁判や審判において判決や審決を導くために、裁判官や審判官が行う一連の取り調べのことをいいます。

例文で学ぼう!

例文

特許異議の申立てについての審理及び決定は、三人又は五人の審判官の合議体が行います。

解説

特許異議の申立てだけでなく、審判についても、三人又は五人の審判官の合議体が行います。特許庁長官は、合議体を構成する審判官を指定して、そのうちの一人を審判長として指定します。