アース国際特許商標事務所

存続期間(そんぞくきかん)

権利が有効に存続している期間のこと。

存続期間とは、権利が有効に存続している期間のことです。それぞれの法域によっては、権利の存続期間は異なります。特許権、実用新案権、意匠権は有限ですが、商標権は更新を繰り返すことにより半永久的に存続させることが可能です。

  • 特許権の存続期間は、出願日から20年間です。
  • 実用新案権の存続期間は、出願日から10年間です。
  • 意匠権の存続期間は、登録日から20年間です。
  • 商標権の存続期間は、登録日から10年間で、何度でも更新できます。