アース国際特許商標事務所

分割納付について

登録料を分割して納付することができますか? 青山くん

商標登録の登録料は、前半5年分と後半5年分の2回に分けて納付することができます。通常は、10年分を一括して納付するのですが、分割することができます。分割納付の場合でも、商標権の存続期間が10年間となります。

分割納付のメリットは?

一度納付した登録料は、たとえ途中で権利を放棄しても返還されません。登録した商標を短期間しか使用しない場合や、継続して使用するかどうか分からない場合は、分割納付がおすすめです。また、事業を立ち上げたばかりで、初期費用をおさえたい場合なども、分割納付を利用するとよいでしょう。

分割納付の時期は?

前半5年分は、商標登録をすべき旨の査定又は審決の謄本の送達があつた日から30日以内に納付します。後半5年分は、商標権の存続期間の満了前5年までに納付します。後半5年分を納付しない場合、その商標権は、存続期間の満了前5年の日に消滅したものとみなされます。

分割納付の印紙代は?

分割納付は、一括納付よりも割高になります。10年分一括の登録料が、一区分あたり28,200円であるのに対して、分割納付の場合は、前半・後半それぞれ、一区分あたり16,400円です。つまり、分割納付の場合は、トータルで32,800円なので、一括納付よりも4,600円分割高になります。

更新料を分割して納付することができますか? 青山くん

更新料についても、分割納付することができます。分割納付は、一括納付よりも割高になります。10年分一括の場合が、一区分あたり38,800円であるのに対して、分割納付の場合は、前半・後半それぞれ、一区分あたり22,600円です。つまり、分割納付の場合は、トータルで45,200円なので、一括納付よりも6,400円分割高になります。