アース国際特許商標事務所

新しい商標(2015年4月1日導入)

2015年4月1日から、登録できる商標の種類の幅が拡大されました(2014年商標法改正)。

改正前(今までの商標)

この法律で「商標」とは、文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと色彩との結合をいう、と定義されています(商標法2条1項)。

改正後(新しい商標)

この法律で「商標」とは、人の知覚によつて認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で定めるものをいう、と定義されています(商標法2条1項)。

これまでは、文字や図形、記号、立体的なものなどが商標の保護対象でした。

今回の改正により、文字や図形、記号、立体的なものだけでなく、音などの新しい商標が登録を認められるようになりました。条文にある「音その他政令で定めるもの」とは、下記のような商標です。

ホログラム

ホログラムとは、レーザーを使用して記録した立体的で光沢感のある画像のことをいいます。偽造防止のために商品券などに使用されていますよね。アメリカなどでは、既にホログラムの登録が認められており、例えばアメリカン・エキスプレス社(American Express)は、クレジットカードに使用しているホログラムについて商標登録しています。

ホログラムの商標について詳しく知りたい方は、
ホログラム商標のページをご覧ください。

位置

位置の商標については、検討がつかない人も多いのではないでしょうか。こちらも登録例から把握していきましょう。IBMのPC部門を買収したレノボ社(LENOVO (SINGAPORE) PTE. LTD.)は、PCのポインティング・スティックの位置について商標登録しています。

位置の商標について詳しく知りたい方は、
位置商標のページをご覧ください。

色彩

色彩の商標については、単に「■赤色」や「■青色」などの色の場合は、識別力がないものとして登録は認められないでしょう。セブンイレブン社(7-Eleven, Inc)の登録例のように、使用により識別力を獲得している場合は登録が認められます。

色彩の商標について詳しく知りたい方は、
色彩商標のページをご覧ください。

動き

動きの商標とは、書いて字のごとく「動きのある商標」のことです。商標が時間の経過とともに変化する場合、その変化の状況を一体として商標登録するものです。例えば、イタリアの自動車メーカーのランボルギーニ社(AUTOMOBILI LAMBORGHINI)は、自動車のドアの開閉の動きを商標登録しています。

動きの商標について詳しく知りたい方は、
動き商標のページをご覧ください。