アース国際特許商標事務所

不正競争防止法解説

不正競争防止法ってなに?

不正競争防止法は、「事業者間の公正な競争」及び「これに関する国際約束の的確な実施」を確保するため、不正競争の防止及不正競争に係る損害賠償に関する措置等を講じ、それにより国民経済の健全な発展に寄与することを目的として定められています。このページでは、初心者の方でも分かりやすく解説しています。

第2条1項1号【混同惹起行為】

他人の商品等表示を使用して、混同を生じさせる行為を制限する規定。

第2条1項2号【著名表示冒用行為】

著名な商品等表示を冒用する行為を制限する規定。

第2条1項3号【商品形態模倣行為】

他人の商品形態を模倣して、譲渡等する行為を制限する規定。

第2条1項4号【営業秘密】

営業秘密の不正取得行為を制限する規定。

第2条1項5号【営業秘密】

悪意者の営業秘密不正取得行為を制限する規定。

第2条1項6号【営業秘密】

不正取得秘密の事後的使用等の行為を制限する規定。

第2条1項7号【営業秘密】

保有営業秘密の不正使用・開示行為を制限する規定。

第2条1項8号【営業秘密】

不正開示行為の悪意者の使用・開示行為

第2条1項9号【営業秘密】

不正開示行為を事後的に知った者の使用・開示行為

第2条1項10号【プログラム】

技術的制限無効化行為を制限する規定。

第2条1項11号【プログラム】

技術的制限無効化行為を制限する規定。

第2条1項12号【ドメイン】

ドメイン名不正取得行為を制限する規定。

第2条1項13号【品質等誤認】

品質等誤認惹起行為を制限する規定。

第2条1項14号【信用毀損】

信用毀損行為を制限する規定。

第2条1項15号【商標】

代理人等商標冒用行為を制限する規定。

不正競争防止法解説は、『逐条解説不正競争防止法』(経済産業省知的財産政策室 編)に沿って記載しております。不正競争防止法について詳しく知りたい方は勿論、弁理士試験受験生もご参考ください。