アース国際特許商標事務所

商標の普通名称化とは?

商標の普通名称化とはなんですか? 青山くん

商標の普通名称化とは、その商標が使用された結果、その名称が、一般消費者及び取引者間で一般的な名称として認識されるに至ったことをいいます。

例えば、「エスカレーター」や「ホッチキス」は、もともとは一企業の商品商標だったのですが、一般的に使用されるようになり、今では一般名称として認識されています。この他にも「巨峰」「うどんすき」「ポケベル」「サニーレタス」なども一般名称化された商標です。

普通名称化された商標については、商標法3条1項1号の規定により登録を受けることができません。また、既に商標登録されている商標が一般名称化された場合には、商標法26条1項2号、3号に該当することを理由に、商標権の効力が及ばない範囲の使用として主張することができます。

普通名称化するのを防ぐためには、どうしたらよいでしょうか。 青山くん

普通名称化するのを防ぐためには、同業他社の無断使用を差し止めたり、辞書などに載せないように警告したり、日頃から自己の登録商標であることをPRすることが必要です。

逆に、私たちが普段、何げなく使用している名称が、実は登録商標だったりすることもあります。あの「宅急便」が、「ヤマトホールディングス株式会社」の登録商標だって知っていましたか(第3023793号)。

それから意外なのが、「ジップロック」です。普段何気なく「ジップロック買ってきて」などと言っていますが、実は、「旭化成ホームプロダクツ株式会社」の登録商標なんです。

ジップロック

ジップロックの商品を見てみると、ロゴの右下に小さくRマルアールがついていますね。指定商品は、【第16類】の「食品保存・電子レンジ調理用プラスチック袋,冷凍・冷蔵用食料品収納ジッパー付きプラスチック製袋,家庭用食品包装フィルム」と【第21類】の「食品保存・電子レンジ調理用プラスチック製容器,オーブンで使用可能な食卓用皿,食器類,調理器具(電気式のものを除く。),食品用容器,ふた付き耐熱ガラス製食品保存用容器」となっています。

商品名としては、「冷凍・冷蔵用食料品収納ジッパー付きプラスチック製袋」「ジッパー付きのポリ袋」「ジッパー付き保存袋」「チャック付きポリ袋」などというようですね。