アース国際特許商標事務所

「連邦商標登録」と「各州の商標登録」

アメリカには、「連邦商標法」と「各州の商標法」があります。

「連邦商標法」は、州際取引や国際取引に使用される商標を保護する法律です。「各州の商標法」は、各州の州内取引に使用される商標を保護する法律です。

アメリカでは、日本とは異なり、「使用主義」を採用してます。日本の場合、「登録主義」なので、使用の有無に関わらず、先に出願した者に権利が付与されますが、アメリカの場合、先に使用している者に権利が付与されます。

アメリカには、判例によって発達していったコモンローという「慣習法」があり、これによると商標権は使用を開始することによって取得され、その使用している地域範囲内において商標権の効力が及ぶとされています。

となると、「別に商標登録しなくても良い」と思うかもしれませんが、コモンローにおいて、商標権の効力がどの程度及ぶのかを立証するのは困難です。ですのでアメリカにおいて商標登録する一番のメリットは、商標権の有効性、権利範囲などについて立証する必要がなくなる、ということです。

「連邦商標登録」と「各州の商標登録」の関係ですが、双方の権利が対立した場合は、「連邦商標登録」が優先されます。

日本企業などがアメリカで商標登録する場合は、一般的には国際取引となりますので、連邦商標登録となるでしょう。

アメリカ商標法の最大の特徴

アメリカ商標法の最大の特徴は、使用主義ということでしょう。

実際に使用している商標について出願する際には、州際取引や国際取引における使用開始日の情報や使用見本などが必要となります。

出願時に、まだ使用していない場合であっても、使用する予定がある場合は、使用意思に基づく出願をすることができます。

登録後の特徴としては、日本の場合、一度登録してしまえば、更新申請を繰り返す限り、自動的に権利が存続しますが、アメリカの場合、登録から5年から6年の間に「継続使用宣誓書」と「その使用の証拠」を提出する必要があります。