アース国際特許商標事務所

査定(さてい)

審査官が行う判断のこと。

査定とは、審査官による審査の結果、決定された判断のことをいいます。特許(登録)が認められた場合を特許査定(登録査定)といい、認められない場合を拒絶査定といいます。

例文で学ぼう!

例文

拒絶査定の判断が下されたとしても、不服審判で争うことができます。

解説

拒絶査定に不服があるときは、その査定の謄本送達日から3ヶ月以内に拒絶査定不服審判を請求することができます。拒絶査定不服審判では、審判官の合議体により、拒絶査定が妥当かどうかの審理が行われます。