アース国際特許商標事務所

無審査主義(むしんさしゅぎ)

実体的な審査をしない主義のこと。

実用新案登録は、無審査主義を採用しています。実体的な審査を行わず、登録が認められる制度です。願書の記載事項などの形式的な審査は行われます。

実体的な審査を行うことなく登録になるので、権利に瑕疵がある場合も少なくありません。そこで実用新案法では、権利行使の際に、いくつかの条件を課しています。

実用新案権利行使の際の留意点

  • 実用新案技術評価書を提示して警告した後でなければ権利行使できません。
  • 警告や相当の注意を払うことなく権利行使した場合で、後に実用新案登録が無効になった時には、警告や権利行使をしたことにより相手方に与えた損害を賠償する責めを負います。