アース国際特許商標事務所

第70条【色違い類似商標】

色違い類似商標とは、登録商標と色が違っても、同一の商標だと認識されるもののことをいいます。

原則としては、同一文字、同一図形、同一記号などであっても、その色彩が違えば、それらは同一の商標とはみなされません。商標の色彩は、構成要素の一つだからです。

しかし法70条1項の規定によると、登録商標に類似する商標であつて、色彩を登録商標と同一にすれば、登録商標と同一と認められる旨が規定されています。

具体的には、25条29条30条2項31条2項31条の2第1項34条1項38条3項50条52条の2第1項59条1号第64条73条74条における「登録商標」については、色違い類似商標も、登録商標と同一の商標であると認められます。

実際に商標を使用する現状においては、少なからず色彩の相いは同一のものとして取り扱われている現状がある中、色彩が少しでも違えば、登録商標と同一でないと判断されるのであれば、全ての色彩について商標登録し、かつ使用しなければならなくなります。

そこで法は、色違い類似商標について、所定の場合につき、同一の商標であると認めています。