アース国際特許商標事務所

出願人と引用商標権者に支配関係がある場合の手続き

支配関係があるという立証資料

出願人と引用商標権者に支配関係があるという立証資料を提出する必要があります。

総株主の議決権の過半数を有する場合

一方が相手方の総株主の議決権の過半数を有する場合は、例えば下記の資料などを提出します。

  • 会社四季報の写し
  • 人税確定申告書別表第2の写し

総株主の議決権の過半数を有さない場合

(1)双方の間に資本提携の関係があり、かつ、(2)一方の事業活動が事実上相手方の支配下にあると認められる場合は、例えば下記の資料などを提出します。

  • (1)他方の会社の発行済株式の10%以上50%以下を保有していることを証明する書類(会社案内、カタログ、定款、パンフレット等)
  • (2)他方の会社に役員を派遣し又はその会社の経営を恒常的に指導していること等を証明する書類(会社案内、カタログ、定款、パンフレット等)

陳述書

引用商標の商標権者が、出願商標が登録されることを了承していることを証明する書面を提出する必要があります。例えば、下記のような陳述書を提出します。

                  陳述書

 当社は、出願人●●●●による商標登録出願、商願●●ー●●●●に係る商標法第4条第1項第11号に該当するとした拒絶理由通知における引用商標(登録第●●●●号)の商標権者です。
 当社は、上記出願に係る商標が、登録を受けることについて了承いたします。
 以上のとおり相違ありません。

                                平成●年●月●日
(引用商標権者)
住所
名称
代表者           (印)