アース国際特許商標事務所

色彩商標の具体例

平成27年4月1日に、新しい商標の出願が可能となって以来、色彩商標については「なかなか登録査定が出ないな」と思っていたのですが、本日(平成29年3月1日)「2件の色彩商標について、初めて登録を認める旨の判断が下された」というニュースが特許庁からありました。

色彩商標の登録第1号、第2号は、みんなもよく知っている色彩です。出願から登録まで、約2年の月日を費やしています。出願経過情報を見てみますと、どちらの出願も、第3条各号などの拒絶理由が通知されています。それに対して、意見書、上申書、面接などで対応しており、相当な労力を費やし、登録に至っているようです。やはり色彩商標の登録は、なかなか難しいですね。

(1)株式会社トンボ鉛筆

写真

(2)株式会社セブン-イレブン・ジャパン

写真