アース国際特許商標事務所

PCT出願(国際特許出願)とは?

PCT出願とは、一つの願書を提出することにより、PCT加盟国に、同時に出願したことと同じ効果が得られる出願のことです。

※審査は、各指定国ごとに行われます。

「直接出願」と「PCT出願」の違い

複数国へ直接出願する場合

複数国に直接出願する場合は、各国ごとに願書を作成し、出願する必要があります。

翻訳に手間がかかった場合は、出願が遅れてしまうことあります。また、出願を急ぐあまり誤訳などの可能性も高まります。

PCT出願する場合

PCT出願は、一つの願書で、複数の国に出願した効果を取得できます。

明細書等の訳文は、出願後に提出するので、訳文作成に猶予があります。

PCT出願のメリット

  • 1つの願書で、複数の国に出願した効果を取得できます。
  • 日本の特許庁へ日本語で出願することができます。
  • 翻訳文を作成する猶予期間が得られます。
  • 複数国に出願する場合は、各国に直接出願するよりも、費用が安く済みます。

PCT出願の流れ

※国際出願日とは、受理官庁(日本特許庁)がPCT出願を受理した日のことをいいます。

日本の特許出願を基礎とした優先権主張を伴うPCT出願の流れ

※優先日とは、先の日本の出願日のことをいいます。

詳しい図解は こちらのページをご覧ください。

PCT出願について、もっと詳しく知りたい方は、【わかりやすく解説】国際特許出願(PCT出願)Q&Aのページをご覧ください。

PCT出願の費用についての軽減請求や交付金請求については、国際特許出願の減免制度のページをご覧ください。