アース国際特許商標事務所

地理的表示登録のQ&A

  1. 地理的表示登録とは?
  2. 地理的表示登録の流れ
  3. 地理的表示登録の申請書類
  4. すでに商標登録されている名称は登録できるのか?
  5. 個人でも地理的表示登録ができるのか?
  6. 地理的表示登録の条件
  7. 地理的表示登録の効果
  8. GIマークの表示について
  9. 地理的表示・GIマークの不正使用
  10. 地理的表示登録の具体例
地理的表示登録とは?

地理的表示とは、農林水産物・食品等の名称であって、その名称から当該産品の産地を特定でき、産品の品質等の確立した特性が当該産地と結びついているということを特定できるもののことをいいます。

すでに商標登録されている名称は登録できるのか?

商標権者本人が申請を行う場合、又は商標権者の承諾を得た者が申請を行う場合は、地理的表示の登録が可能です。
※ 承諾が撤回された場合は、地理的表示登録の取消事由となります。

個人でも地理的表示登録ができるのか?

できません。個人や企業は、申請することができません。生産業者を直接又は間接の構成員とする団体であって、農林水産省令で定める団体でなければ、地理的表示登録をすることができません。(法人でない団体にあっては代表者又は管理人の定めのあるものに限り、法令又は定款その他の基本約款において、正当な理由がないのに、構成員たる資格を有する者の加入を拒み、又はその加入につき現在の構成員が加入の際に付されたよりも困難な条件を付してはならない旨の定めのあるものに限る。)

GIマークの表示について

GIマークとは、geographical indicationsの略です。登録された生産地や品質等の基準を満たした産品は、地理的表示が付されて流通することになります。その際、併せて下記のGIマーク(地理的表示法に基づく登録標章)が付されることとなっており、地理的表示産品であることの証となります。

写真
GIマークは、登録された産品自体に使用するか、登録産品を原材料として使用した加工品にも付すことができます。ただし、登録された産品自体以外のものには付すことができません。

地理的表示・GIマークの不正使用

地理的表示やGIマークを不正に使用した者には、措置命令を行い、改善されない場合には罰則が科せられます。

【地理的表示の不正使用】
5年以下の懲役又は500万円以下の罰金(団体は3億円以下)

【GIマークの不正使用】
3年以下の懲役又は3500万円以下の罰金(団体は1億円以下)