アース国際特許商標事務所

手続補正指令書が届きました。

【質問Q】
自分で商標登録出願をしたら…
特許庁から手続補正指令書が届きました。
どのように対応したらよいか分からず困っています。

【回答A】
方式審査(出願書類などに不備がないかどうかの審査)において、要件を満たしていない手続きについては、その不備を解消するように、手続きの補正が命じられます。対応方法は手続補正指令書の内容によって異なりますが、指定された期間内に手続補正書を提出する必要があります。

要件を満たしていない手続きの例

出願人住所が識別番号の住所と異なります。

>>>対応方法
 願書に記載した住所が誤りだった場合は、正しい住所を記載した「手続補正書」を提出します。住所変更をした場合は、識別番号の住所を変更する必要がありますので「住所変更届」を提出して、その旨を記載した「上申書」を提出します。

手数料が納付されていません

>>>対応方法
「手続補正書」を提出して手数料の納付を行います。

包括委任状の印鑑が、特許庁に届け出ているものと相違します。

>>>対応方法
届け出の印鑑を使用する場合は「手続補正書」を提出して、届け出の印鑑を押した包括委任状を添付します。包括委任状の印鑑を使用する場合は「印鑑変更届」を提出します。

無料相談

無料相談は(お問い合わせページ)からも受け付けております。疑問・質問、何でも構いません。
商標登録出願について疑問が生じたら、お気軽にご相談ください。商標の専門家が丁寧に対応いたします。

審査段階での相談例

登録後の相談例