アース国際特許商標事務所

拒絶査定が届きました。

【質問Q】
拒絶査定が通知されました。

【回答A】
拒絶査定は「商標登録を認めることができません」という通知です。いきなり拒絶査定が通知されることはありません。事前に登録できない理由について拒絶理由通知が届き、反論や補正の機会が与えられます。依然として拒絶理由が解消しない場合は、拒絶査定が通知されます。拒絶査定が通知された場合、審査が終了となります。

拒絶査定に納得できない場合は、拒絶査定不服審判を請求することができます。

拒絶査定不服審判について

拒絶査定の謄本送達日から3ヵ月以内に請求する必要があります。審査の段階で拒絶理由通知に対して意見書で反論していない場合でも、拒絶査定不服審判を請求することができます。審判請求書の作成は時間を要しますので、拒絶査定が通知された場合は、お早めにご相談ください。

無料相談

無料相談は(お問い合わせページ)からも受け付けております。疑問・質問、何でも構いません。
商標登録出願について疑問が生じたら、お気軽にご相談ください。商標の専門家が丁寧に対応いたします。

審査段階での相談例

登録後の相談例